あなたの想いをカタチに、こころ豊かに暮らしを楽しむ Furniture Kitchen&Refom 最新情報
Original and Order Made Furniture 卑弥呼の新作家具木と親しみ、木と語らい、木と共に暮らす New Original Furniture

繊細なろくろ技術から削り出された脚が特徴の
軽やかなアームソファ。置いた時の圧迫感がなく、
空間を広く使うことができ、欧米のアンティーク家具や
和家具との相性も良く、インテリアにも
合わせやすい。

奥まで取り出しやすい引き出し
収納がたっぷりで機能的な家電
コーナー付の食器棚。オープン
キッチンにもお勧めです。
W120×D45×H190p

子供から大人まで幅広く使えて
飽きが来ない。木のぬくもりと味わいを
楽しめるシンプルなデスクとシェルフ。
ミズナラの無垢材をふんだんに使用し
角を全て丸くした優しいデザインです。
「MOKU」デスクW100×D60×H70p
シェルフW90×D38×H160p

Order Furniture Order Furniture

めずらしい木のリクライニングチェア。金具をほとんど使わずに、
スムーズに動きます。おそろいのオットマンで至福のひと時に。
張地は布と革からお選びいただけます。W66×D78×H88p

有機的な曲線から生まれたサイドパネルと
繊細な背のスピンドルが、どこか楽器のような、
型にはまらない、個性的なソファ。
色違いの背クッションも取り付けられます。

ソファ「GEN」 W186×D91×H92p

 思い出がいっぱい詰まった築90年の家。老朽化と生活スタイル
の変化で少しづつ暮らしにくくなっていました。思い出を大切に
しながら、新しいものを取り入れ、素材にもこだわり、また光と風の
通り道をつくることで、自然と調和する快適な暮らしを生み出す…
そんなリノベーションになりました。
 まずは、リビングダイニング。低い天井を外すと色々な形の梁が
現れました。そこで梁を綺麗に見せる船底の高天井に。照明は
全て調光できるLEDに変えました。奥様念願のキッチンには、
使いやすさへのこだわりが詰まっています。部屋ごとに、高さが違
う床を、和室以外は低く揃え、床材は感触の良い広幅のナラを使用。
苦になっていた、玄関の土間から床までの段差も解消されました。
玄関から洋間の壁は、繊細なナラの柾目の腰板をはることで、空間が落ち
着いた印象に。それだけではなく、床を低くした際に現れた補強材も上手く
カバーしています。壁の一部を取り払ってできた、玄関から裏庭へ一直線に
通じる光と風の通り道。真夏でもクーラーが必要ないほど快適で、人の動線
もずいぶんよくなりました。建具は全て引き戸に統一。玄関も引分戸にこだわり
ました。「小さなところまで、きめ細かく対応していただきありがとうございました。
思っていた以上の出来栄えに満足しています。卑弥呼さんに頼んで良かった。」
とお褒めをいただきました。こころ豊かなお施主と変化に柔軟に対応してくれた
腕のいい職人達に恵まれた古民家再生でした。
住宅といえばどうしても外から捉えがちですが、
最近ではリノベーションの認識が高まるにつれ
て内側の住みやすさを大切にする方が増えて
います。私たちの目指しているリフォームはただ
現状を新しくするのではなく、住む方の生活に
合わせて間取りを変え、必要な耐震補強をして
小さな小物まできめ細かく打ち合わせて決めて
いく、そしてデザイン重視よりも住む方の思いと
こだわりを大切にして本当に住みたい家に再生
することです。
築後5年、5LDKの新築マンションを丸ごとリフォームしました。リフォームのお話を聞いた時は、まだ新しくてもったい
ないと思いましたが、お伺いして実際に見てみると、お風呂やトイレなど段差がいくつもあり、細かく仕切られた間取り
のせいで、独立したダイニングと和室は狭くてゆとりがなく、リビングにいてもどこか落ち着かない。今まで集めてきた
家具と、既存のキッチンや内装が合わず、物足らないなど…住んでみて初めてわかった、小さな不便さが、日々の
大きなストレスとなり、今後の暮らしを考えて全面リフォームすることになりました。工事はまず、狭く仕切られた3つの
部屋の壁を取り除き開放し、アクセントにリビングに梁を付け、和室には杉の柾目板をはることで広いワンルームを引
き締める。そして、オーダーの対面キッチンを家の中心において動きやすい間取りに変えました。浴室、トイレも広く
最新のものに入れ替えて、段差もなくし、バリアフリーに。また、全ての窓をペアガラスに変えて、冷暖房の効率アップ
と結露の問題を解決。快適空間のできあがりです。狭く仕切られた生活空間が大きなワンルームにまとまり、引き戸を
開けるとそこは別世界になるとT様は喜ばれていました。
伝統とモダン
長府の閑静な街並みにご新築されたT邸。卑弥呼のオーダーキッチン、家具、
洗面化粧台、カウンターが納まりました。以前から奥様は既製のキッチンに
少し物足りなさを感じておられた様で、家具の下見に来店された時に、展示
中のオープンキッチンを見て即決されました。ご自宅に、お客様や友人を
招くことも多く、リビングダイニングは人が集う大切な場所。キッチンはリビング
全体が見渡せ、一緒に料理をしたり、料理の受け渡しがしやすいオーダー
仕様の対面タイプに。家電コーナー付のバック収納は大容量で、たくさんの
食器もすっきりと納まります。また、奥様は市内に工房を持つクリエーター。
納めた応接テーブルのガラスエッチングはデザイン・製作ともにご自身で、
また寝室、リビングのアクセントウォール、そして洗面室やトイレなどのクロス
も英国から取り寄せ、コーディネートされました。家具や洗面化粧台、トイレ
カウンターともよく調和しています。奥様のこだわりと豊かな感性は、訪れる人
を楽しませてくれます。