私達のこだわり 「本物を創る」匠の技と精神を受け継いでいます。
 
 
 

経験に裏打ちされた職人による手づくりの技
 今は、なんでも機械でつくれる時代。だからこそ、本物の手仕事に愛情を感じるのかもしれません。
 卑弥呼の家具は、原木の選定から、加工、組立て、塗装までをすべて熟練した職人の手仕事で行っております。
 また塗装については、環境に配慮した人と自然にやさしい塗料を使い、独自のノウハウにより、奥行きのある深い色合いを作り出しています。


  樹齢100年以上の国産無垢材を使用
 卑弥呼では、樹齢100年以上の国産の水目桜・ナラ・欅などの木材を 原木から購入し、独自に乾燥、製材、加工しております。そのため、材の厚み、長さはご自由にお選びいただけます。
親から子へと、子から孫へと、世代を超えて受け継がれる「本物」です。

→木の材質についての詳しい説明はこちらへ